宝船 2018年 新神戸オリエンタル劇場公演

宝船 2018年 新神戸オリエンタル劇場公演
  • 再始動してから例年4本程度行われていた宝船の公演。
    2018年は急遽日程が決定したこともあり2公演のみでした。

1本目の公演はホームグラウンドのCASHBOXで2月11日に行われました。
(その公演についてはこちらをご覧ください。)

CASHBOXを宝船レギュラーライブのホームグラウンドとするなら、大きな公演のホームグラウンドと言えるのが新神戸オリエンタル劇場ではないでしょうか。
今回はその劇場で行われた2018年2本目の公演について振り返ってみました。

2月18日 新神戸オリエンタル劇場公演

新オリ一入口前 宝船ディスプレイ

ライブハウスCASHBOXの公演から1週間後に行われた劇場公演。
大舞台ほどパワーを発揮する宝船の魅力が詰まったステージになりました。

1st.

ステージ上にはライブでよく使用している椅子が5客並べられていました。

新オリ 開演前ステージ

前半ステージは緑色の衣装で6人登場です。
1曲目は誰もが聴き覚えのある唱歌でした。
シンプルなアレンジで美しい旋律が抒情的なこの曲は、これまでの海外公演でも人気があったようです。

上北リーダーの挨拶の後は賑やかな昭和歌謡。客席も手拍子で盛り上げます。

メンバー紹介から

メンバーそれぞれのトピックでの自己アピールからピックアップ。
高橋真弓さんは、やはり顔ネタ。今回はハワイ旅行の往復共にCAさんに「ハワイ人ですか?」と聞かれたとか(^^;
中村真由美さんはオリンピックのレジェンドになぞらえて「日本アカペラ界 女声の中のベースのレジェンド」
リーダーは亀井淳子さんとお腹のベビーのお陰で棚ボタで(例年より)早く公演できたことをお喜びでした(笑)

レジェンド中村

次にジャズの名曲を2曲歌った後、高橋さんのMCに入りました。
その内容はファンなら当然に注目度大のお話でした。

その一つ目が、メンバー紹介で中村さんの「レジェンド」発言に絡めて
「フェイスブックで世界の凄い男声ベースばかりが集まっているグループ中に、女声の中村さんが入っているんです!」
中村さん曰く「これは絶対アンドレア(亀井さんのパートナー)のせい(いたずら心)やわ」

これについて亀井さんから「リアルグループのメンバーも彼女ならOKと認めている」とお墨付きのフォロー。
世界でトップクラスのアカペラグループからも認められる中村さんの実力という流石のお話でした。

海外へ

二つ目は海外での活動について
今のメンバーで海外に行ったことがないので、また海外公演もしたい気持ちがあるということ。
活動休止中も海外からの公演要請があり、中でも香港からは毎年声が掛かっているそうです。

最近ではモスクワで開催されている「スプリングアカペラフェステイバル」にも呼ばれているとか。
ただ、こちらは5月頃のイベントなので実現するにしても来年以降になりそうです。
世界的なアカペラコンクールでジャズ部門グランプリとベストオーディエンス賞を受賞している宝船ですが
「そろそろ新しい賞が欲しいね」という話も出ているそうです。
でも「女性で長く続けていくのはなかなか難しい。それなら私達がパイオニアになろうじゃないか!」と意気込みの発言でした。

5人

そんな頼もしいMCの後、更に2曲のジャズを演奏して亀井さんが一足早く休憩へ。
そして中村さんのMCタイム。
「この1年の間には、ベースボーカルの講師をしたり、リーダーと高橋さんとの3人(トレゾア)でライブしたりも」
「6人でしかできないと思っていたけど、4人や5人でも進んで行こう」ということで
ここから2曲は5人で演奏し、ファーストステージ終了です。

2nd.

白のドレス姿の6人でまず歌ったのはオリジナル曲の「Let a show begin!」
亀井さんが書いたこの曲は、同じ事務所の後輩グループ the XAVYELLS がカバーしています。

山上さんの頑張り

2曲演奏の後は、いつも家族の話題が楽しい山上紀美世さんのMCです。
ファーストステージで着ていた緑色のドレスですが、公演を前にしてこれが入らないという緊急事態。
そのぽっちゃり具合はテレビで渡辺直美さんを見た娘さんが「ママ!」と呼ぶほどだったようです。

今年は公演が急遽決まりましたから、本番まであまり猶予がありませんでした。
それでも食事制限と運動、巷で噂のダイエットサプリ等を併用して2週間頑張った結果、
なんとかタイトな服が入るまでの成果を上げられたとか。
お陰で「絶対出来ない」ということはない!頑張れば出来る!とポジティブになったのだそう。

「諦めていた自分の夢があって、それを娘さんに託そうと思っていたけど、
頑張って痩せられたので、これからも色んなやりたいことを叶えて娘に見せたい。
そのために、宝船でもう一回世界一になりたい!夢を見ている姿、歌ってる姿、夢を叶える姿を見せたい。
今回のことで、その機会を亀井さんにもらいました。」

シュールな中村さん

ファーストステージの高橋さんと同じに、そんな頼もしいMCに続いては
ボイパ山上さんのベストパートナーのベース中村さんのリード曲。
この曲ではお馴染みの演出で、中村さんがステージから降りて客席を握手して回りながら歌いました。
お連れ様同士で握手を遠慮するお客様に「譲り合いやめて!取り合いして!」と
ちょっとした歌の隙間にもツッコミを忘れない中村さんでした。(笑)

その中村さんのMCでは、時に断捨離するのだけれど
へその緒は捨ててよいものか、(捨てないとしても)どこへ飾ったらええんやろ…と
なかなかシュールなお悩み。

小曽根実さんを偲ぶ

ステージも終盤、ジャズの名曲が続きました。
そして、リーダーのMC。
レパートリーの多くをジャズで占める宝船も最初からジャズを歌っていた訳ではありません。
「ジャズをようやく楽しんで歌えるようになりました」と言うリーダー。
先日亡くなられた小曽根実さんを偲びました。
宝船もステージでご一緒させていただく機会がありましたから。
まだジャズ演奏歴の浅かった宝船を「ジャズの世界に温かく迎え入れ、一つの壁を取り払ってくださった」と。

ジャズを楽しめるきっかけを小曽根実さんにもらえたんだろうなと思いました。

リーダーの想い

宝船再始動してからは、山上さん、南本さんと続けて大きなお腹で立つメンバーが居ました。
「宝船が大好きでやりたいけれど、赤ちゃんが(お腹に)居るメンバーを無理に(ステージに)立たせるのはもう止めようと思っていました」と。

でも亀井さんが『行ける』と言ってくれたので今回も公演が決まったものの、
準備期間が短かったこともあって「思うようにいかないで不安があった」そうです。

「船というのは重い荷物を積んでいるからこそ安定するもの。人生も不安なことがあるからこそ安定して進める。
尊敬、信頼するメンバーとどっしりと、ゆっくりでも宝船を進めて行きたいと思います。
この機会を作ってくれた淳ちゃん(亀井さん)と小さい命に感謝しています」と。

ラストはCASHBOX公演と同じ曲、亀井さんリードのバラード演奏でした。

アンコール

アンコール2曲もCASHBOX公演と同様、マンハッタントランスファーの高難度曲と
リード回しで1人1人の声を聴ける日本の歌で温かい余韻を残して終演となりました。

リーダー締めの挨拶は
「次の公演は決まっていないけれど必ずやります!」

年に1時期だけ活動の宝船。
次の公演が決まっていないのはいつものこと。
また1年先を楽しみに!
でも、ここからの1年は、2人、3人…の宝船のステージが
例年よりやや増しで観れるのかなと、それも期待しながら待ちましょう。

宝船公式サイト

ライブカテゴリの最新記事