Q.T.Honey 2018年初レギュラーライブ

Q.T.Honey 2018年初レギュラーライブ
Queen’s Tears Honey 2018年初レギュラーライブ

昼夜全く違う形の公演で、両方観る人も飽きさせない内容になっていました。

お昼の部「Afternoon Tea Live」

前半は昭和歌謡とフォークソングで短めのステージ。
神戸洋藝菓子ボックサンの生ケーキと好みの紅茶でのティータイムを挟んで、後半はジャズも交えたステージでした。
ケーキの中にアーモンドが入っていた方は「当たり!」ボックサンの洋菓子がプレゼントされました。

ボックサンの生ケーキ    紅茶

後半ステージはジャズも多く演奏されました。
リーダーHARUのMCでは
有馬のホテルでのカウントダウンライブで乾杯のシャンパンを飲み干せず残念がっていたら、ホテルの方からシャンパンとワイングラスをいただいたこと。それを飲んで酔っ払い、元日は新春ライブの準備があるのに寝過ごしていまい、メンバーからの電話で起きたという失敗談。

「各地で年間200公演していますが、どこへ行っても必ず聴いてくれる人が居てありがたいことです。一人一人の顔を見て歌えることが幸せです。」と感謝の気持ちを伝えていました。

1998年結成から今年で20周年を迎える Q.T.Honeyは、ここまで毎週絶やさずレギュラーライブをずっと続けて来ました。
その中で何度かのメンバーチェンジが行われ、オリジナルメンバーは既にみんな卒業してしまいました。2012年からスタートした現在のQ.T.は以前とは全く異なるコンセプトです。

「『名前だけが残っている別のグループ』と言われることもあります。(それでも)こうして応援してくださる方には(想いが)伝わっていると思います」と。

夜の部「New Year Party Live」

普段より30分早い19時半からのスタート。
この公演ではメンバーからの心尽くしの 昆布巻きとかまぼこ が供されました。
そして、ライブ特典としてプレゼントされたCD。
内容は3月にリリースされるアルバム「Q-NUTSⅢ」に収録する中の1曲で、レコーディングしたままで未加工の状態の音源です~仕上がりがどんな風になるのか楽しみ。
3月8日のレギュラーライブが、このアルバムの先行発売ライブとなります。

昆布巻き、CD シャンパン

少し短めの前半ステージは邦楽を演奏。終わりにはシャンパンで乾杯の後、メンバーが客席のテーブルを回って歓談タイムになりました。
この後、希望者にはメンバー全員との記念撮影タイムもありました。

後半ステージではお昼の部と同様に抽選があり、当選者には休憩時間中にメンバーだけで撮ったチェキ写真がプレゼントされました。
なんと! くじ運のない私もこれに当選しました。

チェキ写真

後半ステージも邦楽多め。1曲目の演奏後、背後から近づいたBarlyの不審な動きに少し驚くHARU。本来ならお客様バースデー祝いのタイミングだったのですが、「お誕生日の方が居ない」ということを「早くリーダーに伝えなくては!」と焦ったBarlyの行動が笑いを誘った一瞬でした。

MCでは、前日二日間のお仕事での面白エピソードがありました。
ホテルの新年会で抽選の役割をしたBarlyが、くじを混ぜた上、それぞれ箱の端から引いたのに連番になってしまい、一家族に同じ景品が複数当たってしまうという珍事があったそうです。Barly最強ですね!(笑)

そんなBarlyについて、リーダーHARUが褒める場面がありました。
最近レパートリー入りしたジャズ曲で、原曲に歌詞がないところに、英語が得意なBarlyが英詞を付けてたのですが、それが素晴らしくて感動したのだそうです。

それからMAHのMC
「自分が今まで生きてきたことを振り返ってみたら、人生の三分の一を音楽に携わって生きてきたんですね。何か一つのことを続けるのは難しいけれど大切なこと。これからもその瞬間瞬間を楽しんでいこうと思います。」

アンコールは、遠方からお越しの方の電車の時間に配慮して、タイムリミットまでに収まる短い曲で締めて、長い一日は終了しました。

(2018年1月4日  神戸三ノ宮 CASHBOX)

Queen’s Tears Honey 公式ホームページFacebookページ

ライブカテゴリの最新記事